子供の口臭の裏にはこんな病気の影も!

 

気になる子供の口臭・・・

 

歯磨きはきちんとしているのに、なんでだろう?

 

病気が原因かもしれない。
と心配になられる方もいらっしゃると思います。

 

今回は、
子供の口臭に考えられる病気について
くわしくまとめてみました。

 

○副鼻腔炎

 

副鼻腔炎とは、
蓄膿症のことを言います。
膿が溜まってしまう鼻の病気です。

 

鼻が詰まってしまい、
口呼吸をしていて
口臭がくさかったりすると
蓄膿症の場合が多いです。

 

蓄膿症自体もにおいますし、
口呼吸になり
口の中が乾燥してしまうことで
より匂いがきつくなってしまいます。

 

鼻づまりが治らないと
苦しいですし、口呼吸になり
口臭の原因になるので、
早めに耳鼻科で見てもらいましょう。

 

 

・胃腸や便秘

 

歯医者にも行き、耳鼻科に行っても
原因が分からないなど言われた場合は、
小児科を受診してみましょう。

 

実は、便秘のときや胃腸の調子が
よくないときにも
口臭がおきることがあります。

 

このような時は、
口臭よりも
便秘などのほうが心配ですので
水分をたくさん取らせたり、
消化よい食べ物にしてみたり、
便秘をよくしてあげましょう。

 

 

○体調が悪い

 

口臭がするときは、
子供の体調がよくないときが多い。
というかたはいませんか?

 

体調がよくないと
免疫力が低下していますよね。

 

これは、お口のなかもおなじです。

 

免疫力が低下し
お口の菌が増えてしまいます。
これが、口臭の原因となります。

 

急に口臭が気になった場合は、
体調がよくないときの
サインかもしれません。

 

子供の、口臭は
大人の口臭の原因とは
結構違いますので
戸惑う部分もあるかもしれませんが、
冷静に対処してあげましょう。

 

 

子供の口臭がきになったら↓
・歯磨きはしっかりできているか

 

・口呼吸でお口が乾燥してしまっていないか

 

・歯磨きも大丈夫、口呼吸もしていない
そんな時は、体調がよくないサインかもしれません。
小児科へ受診してみましょう。

 

いちど、生活習慣を見直してみると
すぐによくなる場合もあります!

 

デリケートな部分ですので
医師と相談しながら
直していくのも一つの方法です。

関連ページ

口臭を生活習慣から治す
子供の口臭を普段の生活習慣から改善する方法
口臭の原因はこれだ!
子供の口臭はこの原因によって引き起こされる!