子供の口臭の原因はこれです。

 

子供の口臭の原因には、
いろいろな原因があります。

 

そして、
口臭の原因により
対策、受診する病院まで
かわってきます。

 

なので、子供の口臭が気になり始めたら、
まず
口臭の原因から探してみましょう。

 

 

結構デリケートな問題ですので、
すぐに対応してあげましょう。

 

 

【子供の口臭、原因】

 

・歯磨きをしっかりと

 

歯が生え始めたら
しっかりと歯磨きをさせる練習をしましょう。
歯磨きが適当になってしまうと
汚れが溜まっていき、口臭がしてしまいます。

 

それに加え
虫歯、歯周病の原因にもなってしまいます。

 

歯磨きの後は
お母さんのチェックが必要です。

 

 

また、歯磨きをしたときなどに
血が歯茎から出ていませんか?

 

歯周病のなりかけです。

 

小児歯科で見てもらうことを
オススメします。

 

歯周病も口臭の原因となります。

 

 

・口呼吸が原因
口呼吸は
口臭のよくある原因です。

 

口呼吸が、お口の乾燥をまねき
口臭がしてしまう原因となります。

 

なぜ、乾燥が口臭の原因となるのかというと 
乾燥してしまうことにより、
唾液が少なくなってしまうからです。
この唾液が口臭をさせないための
役割をしているのです。

 

口臭を防ぐ以外の役割もしているので
お口の乾燥は、お口にとって
とても良くない環境なのです。

 

また、子供は
舌、口周りの筋肉の発達が十分ではない為に、
口をあけたままにしやすいのです。
これが、口呼吸につながります。

 

この場合、
口呼吸が癖になってしまっているときが
多いです。
鼻呼吸に変えてあげるには
口周りの筋肉を鍛えるトレーニングをしましょう

 

・風邪
鼻づまりなどの風邪になってしまうことも、
口臭の原因になります。
鼻がつまってしまうと
どうしても、口呼吸になってしまいます。

 

特に、小さい子供は
鼻をかむことができないので、
鼻で息することができずに
口呼吸になってしまいます。

 

耳鼻科に連れて行ってあげましょう。

 

鼻づまり以外の症状がある場合は、
小児科に連れて行ってあげるのがオススメです。

 

 

・食べ物
においのきつい食べ物を
食べた後などは、
子供も大人も口臭がしてしまいます。
においのきつい食べ物を食べたときは
普段より念入りに歯磨きをさせましょう。

 

 

関連ページ

口臭を生活習慣から治す
子供の口臭を普段の生活習慣から改善する方法
口臭を予防するための病気知識
子供の口臭を病気の視点から詳しく解説!