子供の口臭と生活習慣には実は関係が!

 

まさか、子供が口臭で
悩むなんて!とびっくりされるお母さんも
多いと思いますが
よくあることなんです。

 

子供の口臭の原因でよくあるのが、
歯磨きの磨きのこしや、
口呼吸が原因の場合です。

 

では、口臭を防ぐためには
どうしたらよいのでしょう。

 

今回は、
そんな子供の口臭の予防法を
くわしくまとめてみました。

 

 

○口呼吸
子供の、口臭がしてしまう
よくある原因が、口呼吸です。
最近は、口呼吸の子供さんが
ふえてきてしまっているのが現状です。
口呼吸は一度してしまうと
癖になってしまう場合が多いので、
口呼吸を直すトレーニングを
早めにしてあげましょう。

 

口呼吸は
口の中が乾燥してしまい、唾液が乾いてしまいます。
唾液は、口臭を予防する役割があるので
しっかりと、お口の中を潤してあげましょう。

 

唾液は、勝手に抗菌をしてくれるので、
潤してあげるだけで
口臭の予防になりますよ。

 

○歯磨き

 

子供は、自分では
なかなかキレイに歯磨きが出来ません。
小さいうちは
お母さんが歯磨きを最後にチェックされているかたも 
多いと思いますが、
小学生にあがると
一人で歯磨きを済ませる子が多いと思います。

 

これが、落とし穴なんです。

 

子供は、
虫歯などの意識が低いですよね。

 

ですので、しっかりと歯磨きをしよう!とは
思いませんし、面倒くさがって
適当にしてしまいます。
これにより、磨きのこしで
口臭がしてしまいます。

 

しっかりと、自分で
磨けるまで
仕上げはお母さんが見てあげてくださいね。

 

○歯並び

 

実は、歯並びの悪さが
口臭の原因となってしまう場合があります。

 

また、口呼吸や
柔らかいものしか食べていないと
口の成長が遅れてしまい
歯並びが悪くなる原因となります。

 

 

そして、なぜ歯並びの悪さが口臭の原因になってしまうのか。
それは、歯並びが悪い場合
歯磨きをしっかりしたつもりでも、
隙間などに食べかすが残ってしまうのです。
そして、汚れがたまっていき
口臭がしてしまいます。

 

 

口呼吸を直す、硬いものも食べさせるなどして
しっかりと、
口周りの筋肉を発達させましょう。

 

すでに歯並びが悪い場合は
特に歯磨きには気を使ってあげましょう。

関連ページ

口臭の原因はこれだ!
子供の口臭はこの原因によって引き起こされる!
口臭を予防するための病気知識
子供の口臭を病気の視点から詳しく解説!